「15th.Street VWs JAMBOREE」イベントレポート

2021年11月21日(日)、千葉県フェスティバルウォーク蘇我にて、国内最大級のVWイベント「15th.Street VWs JAMBOREE」が開催されました。

今回のフィーチャーVW「SUPER BEETLE」エリアには、例年以上に多くの1302や1303モデルなどSUPER BEETLEが並び、見応えのあるエリアとなりました!

 
 
 

マクファーソンストラットと呼ばれるコイル式のフロントサスペンション構造を持つ「SUPER BEETLE」モデルは、フロントフード&フェンダーが丸みを帯びた特徴的な形状となり、ビートルの愛くるしい表情を強く印象付けるモデルで、’70年代ならでは色鮮やかな純正ボディカラーを残した車両も多くギャラリーの注目を浴びていました。

そして、当社が選ぶ今回の『FLAT4 Choice』には、数多くのエントリーVWの中でもこのSUPER BEETLEエリアにて一際オーラを放っていた、こちらの「1971 TYPE-1 1302モデル」を選ばせていただきました!

 

一見、カスタムには難しそうなモデルながら、絶妙なロワード具合にFUCHSホイールがアクセントとなり、インテリアにもガラス製フラワーベースやヤナセセンターコンソールやヤナセラジオ、ティッシュボックスなど、長年のこだわりとセンスが感じられる1台でした。貴重な「埼 55」ナンバーも見逃せないポイントですね!

他にも、個性溢れる各種アワードVWが発表されました!アワードVWの詳細は次号Street VWs誌面をお楽しみに!受賞されたオーナーの皆様、おめでとうございました!

また、今回は当社移転引っ越し中での出展となったため、当社ブースも通常とは異なる販売スタイルで出展させていただきましたが、事前SNS等でも紹介していた事もあり、引っ越しで出てきた秘蔵アイテムやお宝アイテム等の特別大放出セールを狙って、イベントスタートと同時に多くのお客様にブースにお集まりいただき、多数の掘り出し物をお買い上げいただきました!ありがとうございました!

 

もちろん、定番のFLAT4テント内でもFLAT4 45周年記念グッズや新デザインのTシャツ類、そして、2022年度VWイラストカレンダーなどを先行発売し、こちらも多くの皆様にお買い上げいただきました。

 

さらには、イベント初披露となったフルリニューアルした当社コレクションカー”FLAT4 Inch Pincher Too!”を展示!!

 
青空の元、美しいボディカラーで一際注目を浴びていたこちらの”FLAT4 Inch Pincher Too!”は、実は、1979年にアメリカ南カリフォルニアで開催されたBUG-IN #22に”FLAT4 CHOP TOP RACE CAR”として出場した経歴を持つ正真正銘のレースカーで、その後、EMPIのプロモーションカーInch Pincher Too!のレプリカモデルとしてエンジンスペックなどを忠実にモディファイして永年コレクションしてきた1台です。
そして今回、当時の資料などからオリジナルのカラーリングやレタリング等ボディグラフィックを忠実に再現して完成した姿を、会場では多くの皆様に見ていただく事が出来ました!

久しぶりのVWイベントとなりましたが、会場は終始過ごしやすい天気に恵まれ、エントリー者も来場者の皆さんもとても満足そうに最後まで楽しまれているのが印象的でした。
まだまだ不安の残るコロナ禍の中ではありましたが、運営されるスタッフの皆様も来場される皆様も、一人一人が出来る対策を施し、皆で協力し合って安心安全なイベントが出来た事と思います。引き続き、感染予防対策を行いながら、素敵なVWライフを過ごしていきましょう!

それでは最後に、会場に集まった様々なショーカーVWをご覧下さい!


 


 

 

 
 

 
 

 
 

 

 

 

This entry was posted in Information, FLAT4 Topics, イベントレポート. Bookmark the permalink.