「HOT ROD CUSTOM SHOW 2021」 イベントレポート

12月5日(日)、パシフィコ横浜にて、年末恒例の日本が世界に誇るカスタムカー&バイクイベント「HOT ROD CUSTOM SHOW 2021」 が開催されました!

昨年は新型コロナウィルスの感染拡大が続く状況により残念ながらキャンセルとなってしまった為、2年振りの開催です。心待ちにしていたカスタムカー&バイクファンが集い、パシフィコ横浜に再び熱気が戻って来ました。

当社からは、リニューアルしたばかりのFLAT4 Inch Pincher Too!を展示し、当時のhot vwsや昨年逝去されたMr.Darrell Vittoneに捧げるパネルを用意してディスプレイ。リアウインドーセクションやMollyグラフィックのリペイント、レタリング等手直しを行い、当時のオリジナルのディテールにこだわり生まれ変わった”NEW” FLAT4 Inch Pnicher Too!を多くの方にご覧頂く事が出来、おかげ様で”Street VWs MAGAZINES PICK”を頂く事が出来ました! ありがとうございます!!


他のVWsにおいても、先日の「15th Annual Street VWs Jamboree」にてBEST OF SHOWアワードを獲得したTYPE-1 SPLIT WINDOW “ZWITTER”や、センス良くまとめられたCAL-LOOK TYPE-1、カスタムスタイルのLOW LIGHT K.GHIA、エアサスにて見事なロワードを実現したTYPE-2 PANEL VAN等、台数は多くないながらもハイレベルな車両が展示されていました。オーナーの個性とこだわりが感じられる凝ったティスプレイも見所です。


そして、今回のスポットライト(フィーチャーカー)はFORD MODEL A。クーペやロードスター、ローボーイ/ハイボーイスタイル等様々なMODEL Aが集い、往年のAMERICAN HOT RODDERが並ぶ光景は圧巻でした。


HOT RODの花形、MODEL B (Deuce) も多数ラインナップ。車両のヒストリーやレストアの過程を共に展示していたり、同じボディカラーで3台並べてディスプレイしていたり、様々なカタチでアピールをしていたのが印象的でした。


他にも、滑らかなシルエットと華美な装飾が目を引く1950’sモデルや、足周りまで眩しい程に仕上げたローライダー、早さを追求したドラッグレース仕様のマッスルカー、サイケデリックな雰囲気がマッチしたバニング等、年代やジャンルを超えたバリエーション豊かなアメリカ車が勢揃い。どのクルマもボディに埃りひとつなく、ホイールも磨き上げられ、見られる事を意識した完璧なディスプレイでした。


ドメスティック&ヨーロピアンカーも人気です。ストックの良さを生かしたモノから、派手なカスタムペイントを施した車両や、北米仕様の逆輸入車等、個性豊かなエリアとなっており、ミニバイクと共に展示していたオースチン・ヒーレーも目立っていました。


バイクのエリアももちろん大盛況で、カスタムSHOPによる渾身の一作のお披露目や、メーカーによる新型車両のリリース等も行われ、ひとつのカスタムショーとしての存在を超えた新たなカスタムシーンを発信する場として海外からも注目されています。


新型コロナウィルスは収束に向かっているとは言え、国内最大級のインドアイベントである「HOT ROD CUSTOM SHOW」開催の判断はMQQNEYES様にとって難しいものであったと思います。その中で来場者の連絡先の記入やマスクの着用等を徹底し、2年間待ち続けたカスタムカー&バイクファンの期待に応える素晴らしいイベントとなりました。当社としてもリニューアルしたFLAT4 Inch Pincher Too! を多くの方に見て頂く事が出来ました。MQQNEYES様をはじめ、イベント運営に携わられた皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

30回記念となる来年の「HOT ROD CUSTOM SHOW 2022」も是非期待しております!

This entry was posted in Information, FLAT4 Topics, イベントレポート. Bookmark the permalink.