「VW Drag In 14th」イベントレポート

9月20日(月/祝日)、ツインリンクもてぎにて、VW ONLYの1/8 mile ドラッグレースイベント「VW Drag In 14th」が開催されました!

 

当日は台風一過という事もあり、雲ひとつない秋晴れとなり、最高のドラッグレース日和。パドックにはたくさんのVWが並び、この日の為に仕上げて来たレースカーやストリートカーだけでなく、ストックスタイルのVWもあり、誰でも楽しめるのがドラッグレースの魅力です。
 






 



当社からは、FLAT4代表Nao Fujitaのレースカーと、ハイパフォーマンスエンジン&Cal-lookに仕上げた1967 TYPE-1の2台がエントリー。今回のレースの為にキッチリと仕上げて来ましたので準備は万端です。
 




「VW Drag In」ではTRIAL、DIAL IN、STREET、PROとクラス分けされ、スペックが近いクルマ同士が走る事で白熱した戦いとなります。自己申告タイムに近いクルマが勝つDIAL INクラスはノーマルVWがチューニングVWに勝つ事もあり、愛車のパフォーマンスをどれだけ把握しているか? がカギとなります。

 










TYPE-1やTYPE-2、TYPE-3、K.GHIA、PORSCHEレプリカ等車種は様々ですが、いずれも自分だけのスタイルを持っているので絵になります。アクセル全開で走り抜けるVWの姿はどれもかっこいいですね!
 

Nao Fujitaのレースカーと当社の1967 TYPE-1は2台ともクラス優勝を勝ち取る事が出来ました。ありがとうございます。

「VW Drag In 14th」はトラブルもなく無事終了し、皆様がドラッグレースの楽しさを改めて共有出来るイベントとなりました。運営された「staginglane.net」スタッフの方々、参加された皆様ありがとうございました。

最後に、少しですが動画もお楽しみ下さい!







This entry was posted in Information, FLAT4 Topics, イベントレポート. Bookmark the permalink.