1970 Wrought Iron

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

1970 Wrought Iron

1970 Wrought Iron

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1970年式
車台番号 110 2026 914
圧縮比 7.5 : 1
最高出力(SAE) 48HP/4,000rpm
ボディカラー アイボリー/アイアンワイヤー
内 装 ブラック
キャブレター SOLEX 30PICT-3 シングルキャブレター
排気量 1,585cc
ボアxストローク 85.5mm × 69mm
全 長 4,030mm
全 幅 1,550mm
全 高 1,550mm
重 量

Commentary《解説》

1968年に開催されたメキシコオリンピックのセレモニーのためにVOLKS WAGEN MEXICOが生産したTYPE-1ビートルは、フロアーパン以外にボディパネルを一切使用せず、アーティスティックな唐草模様のスチール製ワイヤーフレームボディを搭載し、通称「ウェディングVW」と呼ばれていました。
こちらの1台は、その後、同モデルを再現して1970年に20台のみリプロダクトされた大変稀少な1台です。通常のビートル同様にフロントフッドやサイドドア、リアデッキリッドが開閉するのはもちろん、実際にエンジンを始動して走行する事も出来る大変珍しい1台で、実走行もわずか”70mile”と新車コンディションのオリジナルエンジンを搭載し、’99年12月に日本上陸後、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本全国のVWイベント等へ出展しています。