1961 EMPI DRAG STER

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

1961 EMPI DRAG STER

1961 EMPI DRAG STER

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1961年式
車台番号
圧縮比 9.0 : 1
最高出力(SAE) 160HP(推定)
ボディカラー パールオレンジ W/FLAKE
内 装 ブラックビニール
キャブレター WEBER 48 IDA デュアルキャブレター
排気量 1,995cc
ボアxストローク 88mm × 82mm
全 長
全 幅
全 高
重 量

Commentary《解説》

1960年代初期に、EMPIレーシングディビジョンにて開発されたEMPI Dragsterで、82mm SPGローラークランクシャフト×88mmスリッパースカートピストンを組み合わせた1995ccエンジンに、EMPIカムシャフトやWEBER 48 IDA、EMPIトールマニフォールド、1/2マージドwithスティンガー等が組まれ、’60年代にアメリカ南カリフォルニアのOCIRで開催されていたBUG-IN等で”Mr.Lee Leigton”,”Mr.Dean Lowry”らによってドライビングされていた正真正銘のオリジナルEMPI Dragsterです。後に世界のD.K.P.クラブの有志達により当時の雄姿を再現すべく、完全にレストアが施され、オレンジメタルフレークのボディグラフィックは当時のペイントを手掛けた”Richard Mcpeak”氏が手掛け、リクロームされた足周りや手で圧搾するMOONタンクなど、見事に当時の姿が蘇り、2001年1月に日本に上陸後、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、国内のDRAG RACE等にてデモランを披露しています。