1958 ROMETSCH LAWRENCE COUPE

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

1958 ROMETSCH LAWRENCE COUPE

1958 ROMETSCH LAWRENCE COUPE

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1958年式
車台番号 1604 553
圧縮比 7.5 : 1
最高出力(SAE) 48HP/3,300rpm
ボディカラー ブラック×シルバー
内 装 レッドレザー
キャブレター SOLEX 32PBIC デュアルキャブレター
w/W.West OKRASA KIT
排気量 1,397cc
ボアxストローク 80mm × 69.5mm
全 長 4,100mm
全 幅 1,600mm
全 高 1,350mm
重 量 820kg

Commentary《解説》

1924年にラグジュアリーコーチビルダーとして”Fredrich Rometsch”氏がドイツベルリンに設立した「ROMETSCH KAROSSERIE」社は、1951年より、VWシャーシをベースに究極のラグジュアリーカー”ROMETSCH”として、クーペとカブリオレの2タイプを製作しました。エレガントなボディデザインに加え、エクステリアには当時の欧州各国の高級車からパーツが流用されるなど、当時の高級車と言われたPORSCHE 356やKarmann Ghiaを遥かに凌ぐ高価なコーチビルドカーです。
#547というボディナンバーを持つこちらの’58年モデル LAWRENCE Coupeは、2代目モデルの特長であるラウンド型のテールライトや美しいサイドのボディプレスライン、そして、エレガントさを際立たせるブラック&シルバーの2トーンカラーなど、長い年月を掛けて当時の洗練されたスタイルを忠実にレストレーション。レッドレザーのエレガントな内装やPORSCHE356を思わせるダッシュパネルなど、車内も高級感に溢れた1台です。更に、エンジンには69.5mmクランクシャフトと80mmビッグボアを組み合わせた1,397ccへとアップデート。W.West OKRASA KITや迫力抜群のセンター出しマフラー「GERMAN CSP製SEBRINGスタイルマフラー」によって世界に1台だけのコーチビルドカーへと仕上げました。2017年9月に日本上陸後、静岡県で開催されたビンテージVWイベント「5.Klassisches VW Treffen In Japan」イベントをはじめ、各地のVWイベントにて展示ディスプレイ。現在は、FLAT4東京本社にて展示ディスプレイしています。