1956 ROMETSCH BEESKOW CABRIOLET

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

1956 ROMETSCH BEESKOW CABRIOLET

1956 ROMETSCH BEESKOW CABRIOLET

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1956年式
車台番号 1-0586 400
圧縮比 6.6 : 1
最高出力(SAE) 57HP/4,200rpm
ボディカラー ブラック(L-41)
内 装 モスグリーンレザー
キャブレター SOLEX 28PCI
W/JUDSONスーパーチャージャーKIT
排気量 1,580cc
ボアxストローク 77mm × 64mm
全 長 4,400mm
全 幅 1,580mm
全 高 1,350mm
重 量 800kg

Commentary《解説》

1924年にラグジュアリーコーチビルダーとして”Fredrich Rometsch”氏がドイツベルリンに設立した「ROMETSCH KAROSSERIE」社は、1951年より、VWシャーシをベースにボディは木型を元に1台当り1,000時間以上費やしてアルミを叩き出して作られたクーペとカブリオレの2タイプの”ROMETSCH”を製作しました。中でも、カーデザイナー”Johannes Beeskow”氏の手によってデザインされた’51-’56年までの”ROMETSCH Beeskow”は、そのエレガントなボディラインが人々を魅了し、1954-56年の3年連続でデザインの美しさとコーチビルドのクォリティーに対して贈られる「Golden Rose in Geneva」を受賞しています。 エクステリアにも当時の欧州各国の高級車からパーツが流用され、当時の高級車と言われたPORSCHE 356やKarmann Ghiaを遥かに凌ぐ究極のラグジュアリーカーとして君臨していました。
こちらの’56年モデル Cabrioletは、まさにその流れるようなエレガントなボディフォルムから”バナナカー”と呼ばれたROMETSCH前期型モデルで、前開きのスーサイドドアや通常のカブリオレモデルに見られるワンピースサイドウィンドーではなくベントウィングを備えた非常に貴重な個体は、世界に2台しか存在しないと言われる幻の1台です。
更に、Judoson製スーパーチャージャーを搭載した36HPオリジナルスタンドエンジンやデザイナー”Johannes Beeskow”氏の直筆サインが残されたグローブボックスなど、貴重なディテールを備え、2004年11月に日本上陸後、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、快調なエンジンサウンドを奏でながら、国内のVINTAGE VWイベントやラリーなどにエントリーしています。