1952 EMPI Inch Pincher III

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

1952 EMPI Inch Pincher III

1952 EMPI Inch Pincher III

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1952年式
車台番号
圧縮比 9.5 : 1
最高出力(SAE) 160HP(推定)
ボディカラー オレンジメタリック InchPincherIII仕様
内 装 ブラック/アルミニウム
キャブレター WEBER 48 IDA デュアルキャブレター
排気量 1,955cc
ボアxストローク 88mm × 82mm
全 長
全 幅
全 高
重 量

Commentary《解説》

故”Mr.Joe Vittone”率いるEMPI(European Motor Products Inc.)の東海岸ディーラーであった”EMPI OF NEW YORK”の”Mr. Richard Guarino”が、’71年に自社のプロモーションとして、’52 TYPE-1 SPLITモデルをベースに製作したオリジナルの”Inch Pincher III”ドラッグレースカーで、当時のLightning BugやD.D.SなどVWドラッグレースカー黄金時代に活躍した1台です。
その後、アメリカのEMPIコレクターの元を経て、FLAT4が入手し、オリジナルボディを残す様、最低限の補修ペイントを施し、小森のEMPIコレクションの中からバケットシートやE-Z-Rシフター、GTユニバーサルステアリングホイール等を使って復元し、エンジンは、シリンダーヘッドを含む全てを当時のチーフメカニックであった”Mr.フミオ フカヤ”に委ね、EMPI 82mm SPGローラークランクシャフト×88mmスリッパースカートの組み合わせで1,995ccへとスープアップされるなど、可能な限り当時のスペックで完成させた、現存する貴重なオリジナルEMPIドラッグレースカーです。
’97年にアメリカ南カリフォルニアで開催されたVW Classicにてディスプレイデビューし、その後、2001年1月に日本に上陸。FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、国内や海外のVWイベント、VWドラッグレース等にエントリーしています。そして、2012年12月、当時の資料を元にオリジナルに忠実にリペイント&ピンストライプが施され、当時の輝きを放つInch Pincher IIIへと美しく蘇りました。