1949 TYPE-14 HEBMULLER CABRIOLET “Klassisches Performance”

flat4

FLAT4 Vintage Car Condition

hebmullercabriolet

1949 TYPE-14 HEBMULLER CABRIOLET

BASIC SPEC《基本仕様》

年式 1949年式
車台番号 1-0132 361
圧縮比 8.7 : 1
最高出力(SAE) 85HP/5,400rpm
ボディカラー ブラック(L-41)
内 装 レッドレザー
キャブレター SOLEX 32PBIC デュアルキャブレター
w/KNECHT CYCLONE エアフィルター
排気量 1,488cc
ボアxストローク 80mm × 74mm
全 長 4,200mm
全 幅 1,600mm
全 高 1,550mm
重 量 623kg

Commentary《解説》

「幻の2シーターカブリオレ」と呼ばれる「TYPE-14 HEBMULLER CABRIOLET」は、当時、フォルクスワーゲンの最高級車として、KAROSSERIE HEBMULLER社が、TYPE-1ビートルのシャーシをベースにハンドメイドで生産していた2シーターカブリオレで、1949年3月、ジュネーブショーでデビューしました。しかしながら、そのわずか4ヶ月後の7月、悲運の大火災に見舞われ、工場は全焼してしまいます。2,000台の注文に対して、数百台しか生産できなかったHebmullerは、その後、焼け跡に残されたパーツを集めて生産が再開されますが、その台数は極めて少なく、1948年12月のプロトタイプから1953年2月の生産終了までに、累計で696台しか生産されませんでした。
こちらの’49年モデルは、その世界的に稀少価値の高い”Hebmuller”を、”Klassisches Performance”スタイルとして当社がプロデュースした珠玉の1台で、パンオフレストアされたシャーシにはパウダーコートを施し、PORSCHE 356の足廻りやVWエンジンベースの幻のVINTAGEパフォーマンスエンジン”DENZEL”1500Sを搭載した、まさに究極の”Klassisches Performance”を実現しました。更には、GERMANスクエアウィーブフロアーカーペットを敷き詰めたインテリアやDENZELタコメーター&スピードメーター、VW純正3スポークステアリングホイール、クルーザーペダル、そして、ドアパネルのステッチに至まであらゆるディテールに最高のこだわりを込めた究極の1台で、2011年11月に日本上陸後、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本各地のVINTAGE VWイベントへエントリーしています。