■1946 TYPE-11のご紹介!!


お客様のご依頼により、FLAT4東京本社にて1946 TYPE-11のメンテナンスをさせて頂きました! 
滅多に見る事が出来ない世界的に大変貴重な1台ですのでディテールをご紹介します!!


TYPE-11は、それまで生産されていたKDFの流れを汲んで作られた、後のスタンダードモデルの礎となるビートル。今回の車両は1946年におけるVWの総生産台数10,020台のうちの1台です。
外観においても最初期モデルならではのディテールが見られ、”banana”スタイルバンパーガード、バンパーブラケットマウントのホーン、テールライト(リフレクター)、ライセンスライト等はTYPE-11ならではの特徴となります。


インテリアにおいても、”Football”スタイルルームミラー、”KOG”マーク入りのシフトノブ等、後のスプリットウインドーモデルとは異なるパーツが多数。クロームパーツは一切使われておらず、シンプルで機能的なインテリアとなっています。


KDFでは985ccであったエンジンはTYPE-11では1131ccに排気量アップ。ラウンドタイプのボルテッジレギュレーターやオイルフィラー等の貴重なパーツも残されており、SOLEX 26VFJキャブレターには”KOG”マークの刻印もあります。先程のシフトノブ同様に、”KOG”マーク入りのパーツが随所に使われている事から、KDFからTYPE-11へと移行する過渡期のモデルである事を表しています。


これ程迄に古いモデルとなると車両を維持するのも大変で、パーツを入手するのも困難を極めます。しかしFLAT4では、独自のルートにより、バンパー&バンパーガード、ホーン、ハブキャップ(DR-784)等KDF&スプリットウインドー用の貴重なパーツをお取り寄せする事が可能です。お探しのパーツがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

1946 TYPE-11のオーナー様、今回は貴重な車両の作業を当社にご依頼頂き、誠にありがとうございました。今後もサポートさせて頂きますので、またのご依頼をお待ちしております。

※FLAT4東京本社のミュージアムフロアでは今回ご紹介した車両と同年式の1946 TYPE-11 “BRETZEL”を展示しております。実車をご覧になりたい方は是非見学にお越し下さい(要予約)。
ミュージアムフロアの詳細はこちら

This entry was posted in FLAT4 Topics, FLAT4東京本社. Bookmark the permalink.