FLAT4トップ>>>FLAT4ミュージアムCARコレクション>>> [Memorial CAR Collection]

1943 TYPE-82e 1944 TYPE-166 SCHWIMMWAGEN
1946 TYPE-11 BRETZEL 1970 Wrought Iron


【スペック】
年式 1943年
シャシーNO. 5-021 068
排気量 1,131cc
ボアxストローク 75mm x 64mm
圧縮比 5.8 : 1
キャブレター SOLEX 26VFI
最高出力 25HP/3,300rpm
ボディカラー MILITARY BEIGE
インテリアカラー GRAY CLOTH
【FLAT4ブログ紹介記事】
・2005.6.4 「本社2Fショップ展示車両入れ替え
・2006.9.12 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2010.9.14 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2011.7.30 「LIGHTNINGにFLAT4所有のミリタリーVWが登場!
・2011.10.2 「2.Klassisches VW Treffen In Japanイベントは無事終了致しました!
・2012.6.20 「名古屋にて「LET'S PLAY Beetles」展スタート!
・2018.5.10 「おぎやはぎの愛車遍歴」ロケ撮影に同行致しました!
【解説】
KdFと呼ばれる第二次世界大戦終結まで生産されていたVW TYPE-82eは、1940年代に軍事用として量産されたボディが使われており、一切のクローム類を排除し、戦争色の濃いミリタリーベージュのボディに、後のスタンダードとなった1131ccスタンドエンジンを搭載。更に、キューベルワーゲンの足周り同様リダクションギアや16インチのブロックタイヤなどを装備し、悪路でも優れた走破性を誇ります。
こちらの’43年モデルは、1943年5月24日にラインオフされた車両であり、その後、20数年の歳月をかけて、ビス1本まで当時のVW純正にこだわってレストアが施され‘99年8月に日本に上陸した珠玉の1台です。もちろん、KdF時代の特徴である”COGマーク”と呼ばれるVWロゴの周りにギザギザの付いたロゴマークが車両の随所に見られ、当時の雰囲気を感じる事が出来ます。FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本各地のVINTAGE VWイベントへ出展しております。




【スペック】
年式 1944年
シャシーNO. 7-012 308
排気量 1,131cc
ボアxストローク 75mm x 64mm
圧縮比 5.8 : 1
キャブレター SOLEX 26VFI
最高出力 25HP/3,300rpm
ボディカラー MILITARY BEIGE
インテリアカラー BLACK VINYL
【FLAT4ブログ紹介記事】
・2006.9.12 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2009.1.10 「東京本社にシュビムワーゲン登場!
・2010.9.14 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2010.10.25 「Klassischesイベントが大盛況にて終了致しました!
・2011.7.30 「LIGHTNINGにFLAT4所有のミリタリーVWが登場!
・2015.4.30 「おぎやはぎの愛車遍歴フェスティバルイベントレポート!
・2015.6.9 「"おぎやはぎの愛車フェス"公開収録&放送日のお知らせ!
【解説】
第二次世界大戦終結間近の1944年に、VW社にて軍事用にTYPE-166として生産されていた1台で、”シュビムワーゲン=泳ぐワーゲン”という名の通り、リアにスクリューを装備し、クランクシャフトプーリーと接続する事で動力をスクリューへ伝達させ水上を移動する事ができ、他にも水上での運航を想定して、マフラーやエアークリーナーの位置が高く設定され、万が一のトラブルにも対応できる様オールも装備されるなど、世界的にも非常に珍しい水陸両用車です。
もちろん陸上での走行においても、悪路を走破する為に四輪駆動を採用した足周りや、大柄なブロックタイヤなど、正に軍用車の証しです。歴史的にも貴重なこのシュビムワーゲンは、2003年10月に日本に上陸し、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本各地のVINTAGE VWイベントへ出展しております。




【スペック】
年式 1946年
シャシーNO. 1-0612 406
排気量 1,131cc
ボアxストローク 75mm x 64mm
圧縮比 5.8 : 1
キャブレター SOLEX 26VFI
最高出力 25HP/3,300rpm
ボディカラー MILITARY BLACK
インテリアカラー GRAY CLOTH
【FLAT4ブログ紹介記事】
・2005.6.4 「本社2Fショップ展示車両入れ替え
・2006.9.12 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2009.1.10 「東京本社にシュビムワーゲン登場!
・2010.9.14 「ショップ展示車輌入れ替えを行いました
・2010.12.6 「YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW2010に出展してきました!
・2011.6.13 「車内を360度見渡せるホームページ
・2011.7.30 「LIGHTNINGにFLAT4所有のミリタリーVWが登場!
・2015.8.11 「FLAT4東京本社にてスプリット時代の貴重なTYPE-1を展示中!
・2015.10.4 「4.Klassischesイベントレポート
【解説】

第二次世界大戦が終わった翌年の1946年に生産されたTYPE-11は、敗戦国ドイツに代わってイギリス統治軍管轄下で生産された貴重なモデルで、車名がKdFからフォルクスワーゲンへと変更されたものの、クローム類を一切使用していないマットブラックのボディや簡素なクロス製のインテリア、そして、随所にVWロゴの周りにギザギザが付いた”COGマーク”などが残り、KdFのイメージが色濃く残されたモデルで、後の"TYPE-1ビートル"と呼ばれる"1200スタンダードモデルの元祖となったモデルです。二分割のリアウィンドーから、Bretzel(ドイツ語)という愛称で呼ばれており、この年は、驚くべきペースで生産が進められ、'46年3月には月産1,000台に達し、更に同年10月には戦後生産された1台目から数えて累計10,000台目のTYPE-1ビートルが誕生しました。

こちらの'46 TYPE-11 BRETZELは、アメリカにて小森が発見し、長年の年月を掛けてN.O.S.パーツを探し出し、全てコレクトにレストレーションを施して、2000年8月に日本に上陸しました。FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本各地のVINTAGE VWイベントへ出展しております。

下記車内パノラマ映像公開中!
1946 VW TYPE-11 "BRETZEL"




【スペック】
年式 1970年
シャシーNO. 110 2026 914
エンジンNO. B-6023494
排気量 1,600cc
ボアxストローク 85.5mm x 69mm
圧縮比 7.5 : 1
キャブレター SOLEX 30PICT-3
最高出力 48HP/4,000rpm
ボディカラー IVORY IRON WIRE
インテリアカラー BLACK
【FLAT4ブログ紹介記事】
・2006.5.23 「東京本社、展示車輌の入れ替えを行いました。
・2006.6.8 「"Lapita"にて紹介されました
・2006.7.3 「雨天により中止となってしまいました・・・。
・2007.6.20 「FLAT4レースカー“D.D.S.”が記録更新!
・2012.6.20 「名古屋にて「LET'S PLAY Beetles」展スタート!
・2012.9.6 「東京本社ショップの展示車輌を入れ替えました!
・2014.4.30 「Volkswagen Fest 2014 & Street VWs FESTイベントレポート展示ブース編
・2015.4.30 「おぎやはぎの愛車遍歴フェスティバルイベントレポート!
・2015.6.9 「"おぎやはぎの愛車フェス"公開収録&放送日のお知らせ!
【解説】

1968年に開催されたメキシコオリンピックのセレモニーのためにVOLKS WAGEN MEXICOが生産したTYPE-1ビートルは、フロアーパン以外にボディパネルを一切使用せず、アーティスティックな唐草模様のスチール製ワイヤーフレームボディを搭載し、通称「ウェディングVW」と呼ばれていました。
こちらの1台は、その後、同モデルを再現して1970年に20台のみリプロダクトされた大変稀少な1台です。通常のビートル同様にフロントフッドやサイドドア、リアデッキリッドが開閉するのはもちろん、実際にエンジンを始動して走行する事も出来る大変珍しい1台で、実走行もわずか”70mile”と新車コンディションのオリジナルエンジンを搭載し、’99年12月に日本上陸後、FLAT4東京本社にて定期的に展示ディスプレイしている他、日本全国のVWイベント等へ出展しています。